面接で合否を左右する「服装」や「髪型」

書類選考を突破すると、次はいよいよ面接です。
面接で合格すれば、内定はほぼ間違いありません。
このとき、必ずチェックしたいものが「服装」や「髪型」です。

面接官から好感をもたれるように、身だしなみには十分気をつけたいものです。
ここでは面接時の身だしなみ全般についてまとめています。

指定がない場合でもスーツで面接に臨む

病院やクリニックの面接にやってくる医師のなかには、ポロシャツやトレーナー、Gパン、普段使いのスラックスなど私服の方が一定数います。
面接先の病院やクリニックから「面接には、ぜひ普段着でおいでください」と特別に言われない限りは、やはりスーツで面接に臨む方が無難です。

サラリーマンの面接と同様、面接官は医師に対して一般常識があるかないか、問題のある医師ではないか、人柄には問題ないか等をしっかりとチェックしています。

もちろん、大事な面接に私服で来ることに対し「この医師は常識がない」と感じる面接官がいる反面、「まったく問題ない」と感じる面接官もいるでしょう。

ただし面接官の受けとる印象や好感度は、面接を受ける側の医師には一切わかりませんよね。
面接に私服でやってくる医師を見て面接官がどのように感じるかわからない状況であれば、やはりスーツなどフォーマルな服装で臨むのが常識的と言えるでしょう。

髪型は「短め」か「きちんと結ぶ」が基本

また、髪型も男性医師であれば清潔感のある短めの髪型にするのが基本ですし、長髪の女医であれば髪をきちんと結ぶなどして良い印象を与えることができるように配慮すべきです。

最近は患者の目もかなり厳しくなっていますので、ヒゲや爪、髪が伸び放題で服がヨレヨレになっているなど、不潔さを感じさせる医師は医療現場で働くにはあまりふさわしくありません。

女性はメイクの濃さ、香り、装飾品に注意

女医の場合、ノーメイクでは面接官の印象が悪い反面、あまりにも濃いメイクも良くありません。
指先には真っ黒いネイル、気分が悪くなるほどキツい香水の匂いをプンプンさせる、指輪やネックレス、ピアスなど過剰なまでに多くの装飾品を身につけるなど、派手さを感じさせるのは考えものです。

医師の側としては奇抜なメイクや服装、髪型で個性を発揮しているつもりかもしれませんが、医療現場に医師の強烈な個性は必要とされていません。
やはり一般的に医療の現場で求められるものは「協調性」であり「チームワーク」なのです。

皆さんご存知の通り、いくら凄腕の医師でもたった一人で仕事をこなすことはできません。
そしてそうである以上、面接では多くのスタッフのなかでスムーズに仕事ができる人物かどうかを「服装やメイク・髪型などからも判定されている」ことを忘れないようにしたいですね。